• MACDとRS

    MACDやRSIは移動平均線やエリオット波動を、補助する役割で使うようにします
    売られすぎや買われすぎを判断したり、ダイバージェンス、コンバースジェンス、
    など総合的に見るようにします。