・テクニカル手法、第三者の目で見る

外国為替道で使っている、テクニカル手法を簡単に紹介します。
これはごく一般に、トレードで多く使われているもので
これにほんの少し私がアレンジをしています。

 これまでに、100%完璧なテクニカルに巡り会った事はありません
どれも短所・長所があり一長一短です。
しかし複数の手法を使う事で、それぞれの短所を補う様にしています
ここで大切に事は、チャートを複雑にまた難しく考えるのはあまり意味がなく
難しく見えるチャートでも、シンプルにそして三者から相場を見る様な感覚で
見るようにします。

例えるなら、FX初心者は一番最初の通過ペアを選ぶときは
大抵ドル円を選びます。
以前あるサイトのコラムで有名エコノミストが
「FX初心者は、日本に住んでいるなら日本の経済状況が肌で感じ情報も多いので
ドル円ペアで取引するのが一番よい」と書いていたのを覚えています。

これは大きな間違いで、外国為替は全く別世界で動いており
日本のニュースではドル円が中心ですが、日本に住んでいるからといって
ドル円が一番よく分かっているというのは、完全に勘違いをしています。

あえて言うならFX初心者で初めてのポジションは、円がらみではなく
円以外の通貨ペアでトレードをした方が、第三者で見ることが出来て
変な先入観がなく、いいトレードが出来る可能性が大きいのです。

この様に、一方的な思い込みにならないよう
第三者の目で相場を見るようにします。