ドル円 8時間足・エリオット波動(最新版)

上図は8時間足です。

今年のお正月に付けた104円台から始まった上昇相場の修正波(A-B-C)は
いつ終わってもおかしくなく、106.80円で底打ちの可能性が高まっています。

1月~3月の1波の上昇幅は約750pipsで、
次に訪れる3波はこれ以上伸びる事がわかってますので、
そのあたりもトレードの作戦にすれば、値幅も取れる筈です。

問題はレンジ相場がまだ続くのかどうかですが、仮にダブルスリー
又はトリプルスリーになれば、今年~来年前半辺りまでまだレンジ相場が続きます。
この可能性も排除は出来ないのですが、
修正波のC波が5波動で動いている為、上昇3波に向かう可能性の方が高いと見ています。
この辺りの説明は動画の予定・・

ドル円の次の上昇トレンドは一直線ではないですが、波動カウントから見ても
長い長期に渡るトレンドになる事を示していて
今年の1月6日の記事で、長期のターゲットを約154.00円前後と示しましたが
月足チャートのフィボナッチ・エクステンションからの計算では、
想定外の青天井の上昇も十分にあり得えます。

しかしこれはまだ先の話なので、まずは106.80円の底打ちの可能性の確認ですね。

Follow me!