ドル円 将来とんでもない円売りが来るかも

上図は月足です。

今年の1月6日の記事で長期の方向として、
約154.0円前後が最終ターゲットになると掲載をさせていただきました。
ではその後どうなるのか?という疑問に焦点をあてました。

現在は377SMAに抑えられている状態ですが、以前もお伝えしたように
ここのラインはドル円の歴史上、この上でトレンドを作った経験がありません。

長期のターゲットとしている154.00円前後は、フィボナッチ38.2%が走っていますが
グリーン丸Cを見て頂くと、突き抜けているのがわかります。
これは将来ここの価格にやって来ても、同じところでは止まらない事を示唆しています。

ではグリーン丸のAかBになるのですが、ほとんどの場合ジグザグBまで行く確率が高く
つまりドル円は将来的にはフィボナッチ61.8%が走ってる、
約200円まで踏み上げる可能性があります。

ここまで来れば、株高=円安という関係ではなくなってるかもしれません。
日銀のこれまでやってきた事が、世界的に信用がなくなるのかも・・?

このような長い長期の予測は、普段のトレードに意味が無いという人もいますが
メインはどっちを向いているかは、最低でも把握しておくべきだと思います。

Follow me!