ドル/カナダ 重要ライン週足89SMAを割りに来るか

上図は週足です。

これからドル高へ向かう意見が多い様ですが、長期目線では全面ドル安と捉えています。
(ドル円除く)
ドル/カナダはドルインデックスの動きを探る、第二の全面ドル高ドル安のバロメーターで
特に週足89SMAは重要ラインです。

チャートをご覧の様に、89SMAで一旦サポートをされましたが
トレンドを築けず再度89SMA割れを試しに来ています。

ここを割れればその下の233SMAに一旦サポートされる可能性が大きく、
現在は1.2660前後を走っています。
短期で狙うには、ここを目標に戻り売りでいいと思います。

89SMAと233SMAの乖離が狭まって来ている為、そう遠くない時期に(来年になるかもですが)
波動的にもいづれは、233SMAを割り込みに来ると見ています。

ドルストレート通貨(対ドル)をトレードしている方は、
ぜひドル/カナダの動きに注目していてください。

たとえばユーロ/ドルを例にとれば、ドル/カナダが下落をしていて(ドル安)
ユーロ/ドルも下げている場合(ドル高)
ユーロ/ドルの下落は本物ではなく長く続かない事になります。

週足MACDは下落を示唆しました、もちろんこれだけでは信ぴょう性も薄いですが
明確に89SMAを割って来れば、全面対ドル相場の行方には大きな事件です。

Follow me!