ポンド円 月足の大物狙い

上図は月足で、5月20日掲載の動画の続きです。

5月20日の動画では、ポンド円の長期は144SMAを目指す展開になるとお話しをしました。

そのポンド円月足ですが、チャートのオレンジ四角をご覧の様に
踏み上げた場合144SMAに届くまでのスピードが早いのが分かります。
これは下落場面でも、144SMAを目指す展開になると急落しているのがわかります。

1998年のトップアウトから底打ちをして、上昇トレンドに移り
2001年の144SMAに届くまで約40カ月かかりました。

これを2015年のトップアウトから底打ちをして、上昇トレンドに移り
約40カ月をかけて144SMAに届くまでは、今年の10月頃になる公算です。

もちろん今回は1998年~2001年の様な時間を要するかは分かりませんが
同じような動きをするなら、今が仕込み時といえます。
また月足MACDではリズム的には上昇方向です。

統計を取ってはいないのですが、経験から7・8月=円高というイメージが強く
「夏は円高の季節」と言いたい所なのですが、今年はどうでしょうか?
目の前の「月足の大物」が眠っているのを、逃すのも悔いが残る場面です。

月足144SMAは現在約162円台を走っています、今年はどこかで急伸をして144SMAまで
一気に行くというシナリオは、乗るか乗らないかは別にしても
頭の片隅において置いてください、役に立つ日が来ます。

「ポンド円・月足の大物狙い」は、大きなクロマグロを釣りに行く気分ですね。

Follow me!