安全資産=銀行預金の先入観は捨てる

すぐに極端にという話しではないのですが、銀行預金に預けていれば安心という
これまでの常識が、これから通用しなくなる事に気付いてほしいのです。
銀行預金が無くなるという事ではなく、円で預金しているお金の価値が
無くなって行くのです。

今年は、松屋の牛丼が値上げしました、私はあまり買わないのですが
コンビニのおにぎりが10円値上げしたと聞きました。
更におにぎり自体も若干小さくなってる様な気がします。
ダイエットするには我慢をする口実が出来て体にいいのですが、
毎日生活していく事にはいい筈がありません。

この小さなインフレはまだまだ序の口で、
これから他の商品やサービスにも普及する事は確実にやって来ます。
このインフレの対策はまだ間に合うので、今のうちに手を付けておいた方が無難です。

経済専門家でもなく経済教授でもない私が
「なぜそんな確実に来るのが言えるのか?」ですが、円絡らみの全てのチャートが
円安の本格到来が迫ってきている状態で、最初は景気も向上をして
居心地がいいかも分かりませんが、
インフレのストップが効かず必ず物価上昇のスピードが苦痛になって行きます。

日本の住宅ローンは変動金利が50%を超えています、現在は固定金利よりも
変動金利の方が安いのは分かりますが、こんな状態で金利を上げられるのか
疑問です。私が日銀総裁なら周りを説得して、今のうちに段階的に利上げの準備に
かかります。おそらく政治家にも大反対され淘汰されるでしょうが、
この問題は後になってから二進も三進も行かなくなります。

さて個人で出来るこれからの対策ですが、
ここに来てくれている方はFXをやっている方が中心です、これは長期で見れば
大きな強みなのです。資産を全部銀行預金ではなく、
株や外貨預金(FXの方がよい)のリスク資産へ分散させる様にする事をおすすめします。

これまでの時代は長期円高で、銀行預金は安全資産の役目をしてきました。
これからは銀行預金に固定させておく方が、リスクになる時代がやってきます
(分かりにくいですがすでに到来しています)。
長年染みついてきた固定観念を変えるのは、
年齢を重ねた人や労働しか知らない人には容易な事ではありません。
しかしFXトレーダーなら簡単にできる筈です、
安全資産=銀行預金の先入観は捨てる時期はもう到来しています。

Follow me!