ドル円 加重移動平均線から見る相場

上図は月足と週足です。

加重移動平均線は、現在の相場では月足・週足・日足(チャートは省略)と
違う役目になっているので、簡単に紹介します。

月足はチャートをご覧の様に、89~377までのWMAより上に来ています
各WMAはサポートになっています。

週足は現在377を突破をして、重なっている89と144がレジスタンスになっています。

日足のチャートは省略をしていますが
現在89と144を突破して233がレジスタンスになっています。

まとめると月足は強気を維持、週足・日足は各レジスタンスを試している段階です。

加重移動平均線は、直近の価格に重点を置いた計算方法で
早い段階で相場の行先を見つける事が出来る反面、だましも多くなるのが欠点です。
今回ちょっと角度を変えてWMAでの相場点検です

Follow me!