ポンド円 大きな踏み上げリスクあり

上図は月足です。

2000年~2001年に類似している、現在のポンド円相場は
2001年に月足89SMAを明確に突破した場合、月足144SMAまで踏み上げています。

これと同じような動きをするなら、現在の144SMAでは
月足の場合は約163.50円前後までの上昇余地があります。

MACDを見れば、2000年11月に-10.50辺りで踏みとどまり
2016年にも同じような所で、-10.50前後で踏みとどまりました。
2001年12月に大陽線を付けた時に、0.00を突破をしていて
今回も0.00を突破をうかがう形になっています。

100%ではありませんが、月足は踏み上げる条件は揃っています。
これが4月なのか?5月なのか?又は数カ月先なのか?
それとも別の何かが隠れているのか?
インフレという条件も揃ってきている円相場は
長期的には引き続き、円売り方向でいいと判断しています。

Follow me!