ドル円 8時間足MACDダイバージェンスとウェッジ

上図は日足と8時間足です。

日足はY波と想定している波が
W波と同値だと104.20円前後がターゲットとなりそうです。

特に8時間足が注目ポイントで、ローソク足はウェッジを作っている可能性があり
またMACDでは強いダイバージェンスが確認でき
現在は最後同調下げの段階と見る事ができます。

2015年5月高値からの下落は、2016年6月の底値まで約1年1カ月続きました。
2016年12月高値から続いている下落トレンドは
レンジ相場を挟んで、現在約1年4カ月続いています。

Follow me!