初期下落トレンドの反発場面

初期の下落トレンドで、一旦止まった後の反発場面では特徴的な場面があります。

上図のドル/カナダでは、一直線に下落した後は
レンジを作りながら徐々に反発をしています。
これは下落トレンドの初期の反発場面に見られる
特徴的な動きで、これが終われば再び下落トレンドへと復帰します。
私はこのパターンが分かっていたので、この下落でドル/カナダでは稼がせてもらいました。

チャートは省略しますが、2008年のドル円の下落トレンドでも
このような場面が登場します。

さて次の上図は円/ドルの日足チャートで、ドル/円の逆です。
上記のこれにハマるのなら、そろそろ下落をしてもおかしくなく
最終的には118.70円を割ってきます。

さらにこのパターンの特徴としては、タイトルの通り初期の場面なので
長期に下落が続く事です。

Follow me!