ご質問を頂きました===「ドル円のDブロックについて」

ある方からご質問を頂きました、Q&Aです。2月12日の記事を参照してください。
ご質問ありがとうございました。

ご無沙汰してます。いつもブログ拝見してます。

ドル円の記事でDブロック内にあると書かれてましたが、Dの終わる時期というのは何か理由があって
図のように描画されているのでしょうか?
(長方形の幅)
 
私も週足、月足からみてTLも非常に近く、もうそろそろかなという気がしてます。
形のバランス的にも大きな下落というのは考えづらく跳び箱の踏み切り台のイメージなんですよね。
 

よろしくお願いいたします。

こんにちは、波動から見てもDで終わってもおかしくないです。

X-Zの場合(Dブロック)ここがトライアングルになるというのは見たことがありません。
が相場の事ですのでそうなるのかもわかりません。

Aブロックが2015年5月の高値からの長期のB波リバウンドなら
現在は長期C波の途中で、その場合だと100円を割ってきます。
ただし80円や70円を割ってくる様なそんな相場ではないことは、月足からもはっきりしています。
しかしAブロックの動きは経験上からも上昇の初動の動きで
長期B波の可能性は低いと見ているのですが・・
念のため注意はしておいた方がいいかもしれません。

個人のロングポジションが多いため。下落は仕掛け的な動きではないでしょうか?

株価が上がっているのに、ドル円が上昇しないのは
月足377SMAのレジスタンスが思った以上に強いです。

ドル円が上昇しないのは、株価はすでにトップアウト近しで(すでに達成をして)
ドル円は先行的な動きをして
株も為替も長期下落に転じるというシナリオを描いている方も多いかと思います。

私は逆で、直近・短期はドル円は頭が重い、またはもう少し下がるかもしれないと思いますが
簡単な言い方をすれば、波動面から見ても現在間違っているのは株価ではなくドル円(為替)の方で
徐々に上がって行ってくれればいいのですが、突然急伸する相場の可能性もあります。

株価も再度高値を更新して、長期は3万円近くまで上げると予想しています
現在ドル円は跳び箱の踏切台を作っている可能性は、十分考えられる事ですね。

すいません長方形の横幅=Dは特に意味はありません、特に意味なく描画です。

いつも見て頂いてありがとうございます。

Follow me!