ドル円 週足平均足は陽線トレンドを作りに来るか

上図は週足で、チャートは平均足です。

平均足は見た目がシンプルで
ぱっと見でトンドがどちらに向いているのか、一目でわかります。
ただし平均足は、現在値がわからないといった短所がありますが、
ローソク足と併用をして見れば、解決する事だと思います。

12月9日の週は平均足は陽線で終わりました、まだ週足144SMAで止められていますが
今後ここを突破して来れば、平均足は連続陽線を作りに来る可能性は十分あります。
RSIは70.00を目指す展開も想定しておきたいですね。

週足144SMA突破=月足377SMA突破でもあります。
特に月足377SMAの明確な突破は、ドル円相場の歴史上経験がありませんので
想定以上の早い動きにも注意です。

平均足はスイング派にとって、強い味方でもあります。
12月9日の週の陽線は、連続陽線トレンドの始まりなら絶好のチャンスです。

Follow me!