トレードスタイル

トレードをするにあたって、人それぞれ用意出来る資金も、使える時間も
考え方も性格も違うので、当然トレードのやり方も違ってきます。

どのやり方がいいとか悪いとかはなく、自分にあったやり方でやるのがベストです。
トレードには大きく分けて5つに分かれると思います。

  • 長期(月足・週足・日足)
  • 中期(週足・日足)
  • 短期(日足・時間足)
  • デイトレード(日足・時間足)
  • スキャル(時間足)

イメージ的にはこんな感じでしょうか、相場によって有利差が出るので
相場の動きによって使い分けるといいと思い、
数年前から中長期と短期以下の口座を二つに分けて
トレードをやるつもりだったのですが、好みのやり方に偏ってしまいがちで
何のために分けたのかと反省しています。
人間は自分に合った面白い方を選択してしまいますね・・

このホームページではお分かりのように、たまに短期の記事も掲載していますが
メインは中長期のスイングを中心にしています。
中長期のスイングはリスクが比較的少なく、大きな利益が手に出来るやり方で
いつも相場を見なくていいという長所があり、何らかの仕事を持ちながら
FXをやっている方には有利です。

しかしその反面時間がかかるという欠点があり、この部分を埋めたいのですが
短期はともかく、デイトレやスキャルは未だに苦手意識があります。

FXを始めた頃は、デイトレ・スキャルしか目に出来なく日々相場を追いかけていました。
しかしこのやり方ですと、目の前の木(デイトレ・スキャル)ばかりを見て
森全体(中長期)が見えなくなり、森に大きな変化が迫っているのに気がつかなく
とうとう大きな変化にみ込まれていまい、大きな含み損をかかえてしまいました。

この時から中長期のやり方へトレードスタイルを変えて、これが功を奏したのか
時間はかかりましたが大きな含み損が消えて、大きな利益に転換した事から
中長期のスイングは自分に合っていると思い、今に至っています。

デイトレやスキャルは大きなロットで行えば、短い短期でそれなりの利益を狙える反面
それなりのリスクも増すので、これをやるには自分スタイルを確立して
機械的にトレードを行う必要があります。

どれが自分のやり方に合っていますか?
自分に合ったやり方を一つ見つけて、それを中心に少づつ冒険をしていって
少しづつ色々なやり方を見つけてみると
苦手分野の中に意外な発見があるかもわかりません。
短期以下で色々なやり方を見つけるのが、今後の私の課題です。

Follow me!