ドル円 日足233SMAの攻防

上図は日足です。

ドル円の日足レベルでの注目は、チャートをご覧の様に233SMAでの攻防です。
MACDではダイバージェンスになっていますが、最後の同調下げの可能性もありますので
下がった所は押し目買いでいいと思います。

233SMAをこのまま上抜けた場合、そのまま上昇トレンドになる可能性が高く
(9月20日現在112.00円を走っています。)
112.00円台の明確な上抜けにがあるか、注目をしてみてください。

ポンド円が先に上昇をして来れば、後追いでドル円が追従してくるケースも多いので
ドル円派の方は、ポンド円も同時に見比べて見るといいです。

Follow me!