ポンド円 160円前後まで青天井かも

上図は週足です。

先週はめずらしく月曜日から動いていたので
もしかしたらと思い、フタを開ければ円安へ大きく動きましたね。
ポンド円は148.40円を上抜けて、150円台に突入しました。
さてここからですが、現在はどこまで行くのかが焦点です。

日足チャートは省略していますが、日足の主要SMAラインは完全に上抜けてきました
もしも160円前後まで一旦止まる場所があるなら、日足610SMAが156.50円前後に走っています
このラインが重要なのかはまだ分からないので、この価格帯まで来れば注意して見てください。

メインシナリオは、上図のチャート週足です。
週足144SMA・233SMAまでは、前で説明した日足610SMA以外
主なレジスタンス(抵抗)がありません。
月足も89SMAを完全に上抜ければ、166.40円前後までレジスタンスがありません
なので160円前後まで青天井状態で、週足レベルではここまで一気に来る可能性があります。

メインターゲットは159.20円前後で、2016年10月から12月の値幅(2360pips)を
2017年4月を起点にした同値は約159.20円前後、ここには144SMAが走っています。

上昇が想定以上強ければ、週足233SMA(162.00円前後)まで来る可能性も入れておきたい
「まさかそこまでは・・」と思ってしまうが、
相場は走れば、行くところまで行ってしまう生き物ですから・・。

9月16日のドル円の記事(ドル円 過去の9月~12月の動向)で
年後半は円安になる可能性が高いとお伝えしましたが
ポンド円でも主なレジスタンスが無い事は
やはりその方向(円安)へ向かう確率がより高いと判断できます。

Follow me!