NY銀先物 月足エリオット波動

上図は月足です、週足でも良かったのですが
月足233SMAで大きな下髭を示したかったので月足にしました。

このNY銀先物の長期チャートが、2011年5月からの下落相場にいよいよ終止符を打ち
長期上昇相場に転換する可能性が大きく、月足233SNAがサポートとなり大きな下髭を付けています。

これだけなら信ぴょう性もまだ浅いのですが、2014年中頃から2015年終わりにかけて
ダイアゴナルトライアングル(ウェッジ)と見られる波動を形成していて
トレンド転換の条件が揃っているのが特徴です。

この見方が正しければ、為替は長期全面ドル安(ドル円除く)を示しており
特にクロス円の長期ロングに、勝算が高いと結論できます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です