ドル/カナダ 週足レベルでは反発が短命で終わる?

上図は週足です。

ドル/カナダの下落は一服して反発モード中ですが
ターゲットは7月28日の記事通り、144SMAを目指し約1.2930前後です。

この反発相場はどんな展開になるのか?と、あくまで私の経験と直感なのですが
緑枠の形と赤枠の長いリバウンド相場、このような似た展開を何度か経験をしています。
2016年1月の天井から下落相場が一旦終わり、赤枠の長いリバウンド相場
その後再び下落相場が始まり、一旦反発相場(今ここです)。

この場合の反発は、似たような相場では比較的短命で終わっている記憶が多いのです
それも突然方向転換しますので、ドル買いには注意してください。

短命といっても週足ですから、それなりの時間を要しますが
ドル/カナダはドルインデックスの先行指標ともなりますので、
ドル/カナダが下落トレンドに復帰すれば、全面ドル高は比較的短命で終わるかもしれません。

長期は下落トレンドに変更なしで、今の反発相場の予想は私の経験と直感です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です