ドル円 週足はレンジ相場

上図は週足です。

このように非常にシンブルに移動平均線で見れば
現在のドル円相場が、どのような状況の中にいるのかがかわると思います。
上は144SMAフタをされ、下は233SMAに支えられて
週足レベルでは現在は、レンジ相場という事が見えています。

長期的には上に行くと見ていますが、233SMAを明確に割れてしまうと
しばらくは弱気が支配してしまい、上昇相場に時間がかかりそうですが
仮に割れるとチャートは省略しますが、月足233SMAが107.50円前後に走っています
ここは(107.50円前後)大きなサポートゾーンという事を意識しておいてください。

週足MACDでは0.000前後でのサポートに接近しています(オレンジ丸)
過去の例からここでサポートをされると、力強い上昇が期待出来
144SMAの明確な突破は、トレンド相場になる可能性が大きいので
チャンスを逃さないようにしたいですね。

まとめると週足233SMAを割れると、月足233SMA現在は107.50円前後が
サポートゾーンになる可能性が大きい。
週足144SMA突破は、過去のMACDが示す通り上昇トレンドになる可能性が大きい。
見方はシンブルですが、週足チャートでの動きもチェックしておいてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です