ユーロ円は強気姿勢を崩していない

上図は週足です。

週足チャートを見てもお分かりの通り
過去377SMAを通過するときは、ここでもみ合っているのがわかります(A,C,)。
377SMAで反発するときは(B)は、ほぼもみ合わず反発しているのが特徴です。

そして今年のDですが、もみ合って一旦下落をしましたが
その後突き抜けに成功をしています。
さらに直近では、89SMAがサポートになっていて
この先もう少し89と377で、もみ合うかもわかりませんが
ここを乗り越えれば、上昇トレンドに期待が出来そうです。

日足でも強気姿勢を確認することが出来ます。(下図)

89,144,233,377SMAをすでに完全に上抜けをして
ここの各ラインは、今後分厚いサポートとして機能します。

このように週足・日足は強気姿勢を崩しておらず
目先の下落場面は、ショートでついていかない方が吉かと思います。
今は上昇トレンドへの、スタンバイ状態と判断出来ますので
ユーロ円はいつ動き出してもおかしくない。

ターゲットは週足233SMAが、130.00円前後に走っていますので
ここまで期待が出来るかも。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です