ポンド円 月足89SMA上抜けがカギ

上図は月足です、長い長期ですのでご注意を。

チャートをご覧のように月足では、この89SMAが重要なカギを握っています。
一度このラインにトライしたなら、過去にはもう一度トライをして来るのが特徴で
それも息の長いトレンドを築いています。

このように一度完全に上抜けをすれば、その後一旦89割れをして底打ちをし、
2001年~2002年には再度二度目の上抜けに成功しています。

今回その2度目の上抜けが近い可能性が高く、仮にこれに成功をすれば
長い長期のトレンドが期待でき、これが以前からポンド円は長期では
200円台に乗せるという根拠でもあります。

2001年12月二度目の上抜けで、89SMA突破した時には急伸しているのがわかります
今回も二度目の89SMA突破時も、これに習う可能性がありますので
突然の急伸リスクには注意が必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です